---

オーサーシップ細則

学会・研究会などでの発表・論文執筆にあたり、authorshipの決定は、下記原則に基づいて決定される。


1)順位設定は以下の順で優先される。

テーマ提供者・データ解析実施者・執筆者がそれぞれ異なる場合においては、①データ解析実施者、②執筆者、③テーマ提供者、の順に優先される。


2)研究テーマに対する有効症例数、データ提供貢献度も考慮する。

有効症例数とデータ提供貢献度が同等の施設がある場合は、症例登録サイトへの総登録症例数の多い施設、ならびに、これまでに共著者にならなかった施設を優先する。

この場合は、KMF事務局より匿名化した施設情報・症例数上位施設一覧をKMF運営委員会に提示し本委員会で選定する。


3)共同演者・共著者の数については、各学会・投稿誌の規定に準じて決定するが、人数制限の上限までとすることを原則とする。


4)演者・執筆者の順位などを含め幹事会の承認を必要とする。


この細則は、平成24年4月1日より施行する