---

会則

Kansai Myelom Forum会則

 

第1条 : 名称   

本会は「Kansai Myeloma Forum (KMF)」と称する。


第2条 : 目的  

本会は、多発性骨髄腫に対する基礎的、臨床的研究を目指し、多発性骨髄腫治療の

向上を図ることを目的とする。


第3条 : 事業

本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う

 1項:多発性骨髄腫の臨床データ収集

 2項:研究会、講演会等の開催

 3項:その他、本会の目的達成に必要な事業


第4条 : 会員

本会は多発性骨髄腫に興味と関心を持つ医療従事者により構成する。
各施設は会員の中から施設実務者を1人決める。


第5条 : 役員

本会に役員(幹事)を若干名置く。

各当番の任命期間は2年とし、2年ごとに改選する(再任可)。

 1項:当期KMF総会の運営 当期当番幹事

 2項:次期KMF総会の運営 次期当番幹事 

 3項:会計監査人 随時

 4項:会計

 5項:症例登録 -症例登録システムの運営

 6項:データ管理 -登録データ(利用)の管理


第6条 :  役員会(幹事会)

   1項:  必要に応じて幹事会を開催し、会運営について協議し、重要事項の決議を行う
  2項:当番幹事は本会を代表し、本会の会務を総括する
 3項:会計担当幹事は、会計を監査し幹事会等にて報告する
 4項:運営委員の選任                                                                  


第7条 : 運営委員

 1項:運営委員の構成等については運営委員会細則に別途定める
 2項:運営委員会は会務を処理する機関であり、運営委員会委員長が適宜委員を
  招集し必要事項の検討を行う


第8条 : 会の運営

本会での活動の成果を発表する場を年1~2回設ける。又、優れた研究成果の場合には専門学会に
発表し、専門雑誌にも投稿する。尚、その際、多施設共同研究として、
別に定める規約に則って
貢献度に応じて発表者を決める。


第9条 : 事務局

本会の事務局は、幹事の所属する施設に設置する。


第10条 : 共催

会運営支援のための共催を認める。


第11条 : 会計年度

本会の会計年度は毎年4月に始まり翌3月31日に終わる。


第12条 : 経費

本会の経費は公益財団法人等各種団体からの助成金等をもってこれに充てる。


第13条 : 会則改訂

本会の会則は幹事会で協議し、総意のもとに改定することができる。


幹事名簿(20172019

              役割

          施設名

氏名

 当期担当幹事
 -KMF総会の運営

 近畿大学

松村 到

 次期担当幹事

 関西医科大学

野村 昌作

 会計

 大阪市立大学

日野 雅之

 症例登録
 -症例登録システムの運営

京都鞍馬口医療センター

島崎 千尋

 大阪大学

金倉 譲

 データ管理
 -登録データ(利用)の管理

 京都大学

髙折 晃史

 京都府立医科大学

黒田 純也

 

運営委員名簿

施設名

氏名

大阪赤十字病院

金子 仁臣

大阪大学

柴山 浩彦

大阪府済生会中津病院

太田 健介

関西医科大学

中谷 綾

京都鞍馬口医療センター

淵田 真一

京都大学

諫田 淳也

京都第二赤十字病院

魚嶋 伸彦

京都府立医科大学

志村 勇司

近畿大学

田中 宏和

市立豊中病院

小杉 


附則:この会則は20121122日より施行する。

附則:この会則は20131114日より施行する。(改定)

附則:この会則は20151111日より施行する。(改定)

附則:この会則は201611月9日より施行する。(改定)